The Team

ヤマテンのメンバーをご紹介します!

P7273546s.jpg
P7273546s.jpg

いのくま たかゆき
猪熊 隆之

株式会社ヤマテン代表取締役

​山岳気象予報士

1970年生まれ。全国330山の天気予報を運営する国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテンの代表取締役。中央大学山岳部前監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。「山の日」アンバサダー、カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ(チベット)、エベレスト西稜(7650ⅿまで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。

2019年より高所登山を再開。2019年2月キリマンジャロ(5,895m)登頂、同年9月チンボラッソ(6,310m)登頂、コトパクシ(5,897m)登頂。

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」の登山隊やNHK「グレートサミッツ」、東宝「春を背負って」、東映「草原の椅子」など国内外の撮影をサポートしているほか、山岳交通機関、スキー場、旅行会社、山小屋などに配信し、圧倒的な信頼を得ている。2011年秋に、国内初の山岳気象専門会社「ヤマテン」を設立。著書に山岳気象大全(山と溪谷社)、山の天気にだまされるな!(山と渓谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)、登山の科学(洋泉社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)。
「岳人」「山と渓谷」「PEAKS」など山岳雑誌での気象講座の執筆や、「マツコの知らない世界」「技ありギョーカイ神」「体感!グレートネイチャー“伝説の大地”奇跡の瞬間スペシャル」「ガイアの夜明け」「グレートサミッツ」「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」などのテレビ出演、朝日新聞「ひと」、「フロントランナー」や読売新聞「顔」、日本経済新聞「駆ける魂」、毎日新聞「時代を駆ける」など各誌で紹介されている。講習会の講師や、講演依頼も多い。

  • Facebook
  • Twitter

こばやし みつる
小林 充

山岳気象予報士

予報士の小林充(コバヤシ ミツル)です。

地元(長野県)出身です。冬はテレマークスキーで里山をめぐるのが好きです。写真は鍋倉山です。

鍋倉山1.JPG

わたなべ ひとし
​渡部 均

山岳気象予報士

気象予報士の渡部 均(わたなべ ひとし)です。

秩父生まれなので奥秩父の山が「推し」です。特に甲武信岳あたりの地味で鬱蒼とした感じがたまらないですね。性格も山の好みと同様、地味な感じです。


ヤマテンでは日々の予報業務や、やまスクオンラインで講師を担当しています。皆様の安全登山に役立つ情報を提供できるよう励んで参ります。

長峰山パラグライダー台にて.jpeg

あさい ともあき
浅井 丈昭

山岳気象予報士

製造業社員から一転、美しい山々に囲まれた信州で天気の仕事がしてみたいと、ヤマテンに入社した浅井です。

大学時代に学んだ気象学・気候学・海洋学の知識を生かし、皆様に精度の高い気象情報をお届けできるよう日々勉強中です!休みの日でも朝イチでレーダーエコーを確認してしまうのは、既に職業病ですね(笑)。写真は長峰山のパラグライダー台から望む、北アルプスと安曇野平です。

長峰山パラグライダー台にて.jpeg
DSC_0620.JPG

くぼた じゅん
窪田 純

山岳気象予報士

1981年生まれ。山梨県北杜市(旧小淵沢町)出身です。空や雲を見るのが好きで、小さいころから気象予報士を目指して、授業はそっちのけで空ばかり見ていました(笑)。某民間気象会社を経て、株式会社ヤマテンに入社。学生時代は山岳部で活動し、今は家族や友人と手軽に登れる山を楽しんでいます!

 

気象予報士、健康気象アドバイザー、熱中症予防指導士の資格あり。

たなか がく
田中 学

総務・経理担当

事務を担当しています、生まれも育ちも長野県の田中です。手掘り温泉や渓流釣りなど自然での遊びとネコをこよなく愛するおじさんです。皆様の安全で楽しい登山をサポートできるよう頑張ります!写真は、自宅の近くから撮った八ヶ岳です。

田中 写真.jpg